gf_mesh_fem

概要

MF = gf_mesh_fem(mesh m[, int Qdim1=1[, int Qdim2=1, ...]])
MF = gf_mesh_fem('load', string fname[, mesh m])
MF = gf_mesh_fem('from string', string s[, mesh m])
MF = gf_mesh_fem('clone', mesh_fem mf)
MF = gf_mesh_fem('sum', mesh_fem mf1, mesh_fem mf2[, mesh_fem mf3[, ...]])
MF = gf_mesh_fem('product', mesh_fem mf1, mesh_fem mf2)
MF = gf_mesh_fem('levelset', mesh_levelset mls, mesh_fem mf)
MF = gf_mesh_fem('global function', mesh m, levelset ls, {global_function GF1,...}[, int Qdim_m])
MF = gf_mesh_fem('partial', mesh_fem mf, ivec DOFs[, ivec RCVs])

説明 :

mesh_femオブジェクトの汎用的なコンストラクタ

このオブジェクトは,メッシュ全体で定義された有限要素法を表します.

コマンドリスト

MF = gf_mesh_fem(mesh m[, int Qdim1=1[, int Qdim2=1, ...]])

新しいmesh_femオブジェクトを構築します.

<literal>Qdim</literal> パラメータは,有限要素法によって表されるフィールドの次元を指定します.スカラー場の場合はQdim1 = 1,サイズn以外のベクトル場の場合は Qdim1 = n ,サイズ mxn の行列場の場合はQdim1=m,Qdim2=n ... 作成されたオブジェクトのハンドルを返します.

MF = gf_mesh_fem('load', string fname[, mesh m])

ファイルからmesh_femを読み込みます.

メッシュ <literal>m</literal> が与えられない場合(この種類のファイルにはメッシュは保存されません),ファイル <literal>fname</literal> から読み込まれ,そのディスクリプタが第2の出力引数として返されます.

MF = gf_mesh_fem('from string', string s[, mesh m])

文字列からmesh_femオブジェクトを作成します.

<literal></literal>gf_mesh_fem_get(mesh_fem MF, 'char')<literal></literal> も参照して下さい.

MF = gf_mesh_fem('clone', mesh_fem mf)

mesh_femのコピーを作成します.

MF = gf_mesh_fem('sum', mesh_fem mf1, mesh_fem mf2[, mesh_fem mf3[, ...]])

(2つ以上の)mesh_femをスパンするmesh_femを作成します.

すべてのmesh_femは同じメッシュを共有する必要があります.

使用後は, <literal>mf1</literal>, <literal>mf2</literal> のFEMを修正しないでください.

MF = gf_mesh_fem('product', mesh_fem mf1, mesh_fem mf2)

選択した <literal>mf1</literal> の形状関数のすべての積と, <literal>mf2</literal> のすべての形状関数のすべての積を網羅するmesh_femを作成します.Xfem enrichment 用に設計されています.

<literal>mf1</literal> と <literal>mf2</literal> は同じメッシュを共有しなければなりません.

使用後は, <literal>mf1</literal>, <literal>mf2</literal> のFEMを修正しないでください.

MF = gf_mesh_fem('levelset', mesh_levelset mls, mesh_fem mf)

mesh_levelsetで定義されたインプリシットサーフェスにコンフォーマルなmesh_femを作成します.

MF = gf_mesh_fem('global function', mesh m, levelset ls, {global_function GF1,...}[, int Qdim_m])

基底関数が <literal>ls</literal> の2つのレベルセット関数のiso値によって定義された座標系でユーザーが指定したグローバル関数であるmesh_femを作成します.

MF = gf_mesh_fem('partial', mesh_fem mf, ivec DOFs[, ivec RCVs])

<literal>mf</literal> の自由度のサブセットのみを保持することで,制限されたmesh_femを構築します.

<literal>RCVs</literal> が与えられた場合, <literal>RCVs</literal> に列挙されている凸にはFEMは適用されません.